【yozoutsutsu】一周年振り返り【どうでもいい記事】

yozoutsutsu 1周年記念記事(どうでもいいやつ)

さて、先月のブログ振り返り記事でも書いたが、2019年6月末でもってこのブログ「yozoutsutsu」も一周年を迎える運びとなった。

トリ

ふむふむ

ということでなんとなく振り返ってみる。

あまり実のない話である。

トリ

覚悟無きものは戻るべし→home

こらこら。

トリ

てかもう7月も半ば過ぎてるけど

なんとなくずれ込んだのである。

トリ

テキトー!

【yozoutsutsu】一周年振り返り

書いた記事の思い出などをとりとめもなく記していく。

もしこのブログ自体に思いの外興味を持ってしまった人がいたとしたら是非遡って読んでみていただきたい限りである。

トリ

そんな人いる?

こらこら。

悶々とした日常を少しはみ出すべくブログを開設する

思い返せばちょうど一年前は非常に仕事がきつい時期であった。

平日は本当に死んだように生きていた。

その流れでゴールデンウィークに仕事が入ったため、6月半ばの平日にまとめて休みをとることになったりもした。

これがある種のブログ開始のきっかけとも言える。

トリ

ふーん

ふと思い立ち、行ってみたかった軍艦島に行くことにしたのだ。

そしてまたその時期から現実逃避的に興味を持っていたブログに関して、まだ開設してもいないくせにその軍艦島のことをネタにしようと、一人旅に出たのである。

このブログの始まりはそんなところになる。

トリ

長崎でネタ3つくらい仕入れてたな

その長崎旅行を終え、筆者はいよいよブログを開設するに至る。

最初期の記事がヒドイけど愛おしい

ブログを始めてからというもの、幸いにも何かを書くことが非常に楽しいと改めて感じ、無駄を削いでブログに時間をあてることとなった。

真っ先にブログにあげたのは筆者の目指す、馬鹿馬鹿しい内容の記事である。

トリ

これはわりとひどい!

そのつぎに学生の時分、友人に送りつけていた書評とも呼べぬこれまたしょうもないアプローチの読書感想文を恥知らずにも掲載。

トリ

これもわりとひどい!

当時無邪気に「こんな記事を書いた!」とツイートしたところ、プロのホラー小説作家の方からいいねしていただき戦慄したのを覚えている。

トリ

まじか!

そしてこのブログのひとつの核としたい「人間椅子」のアルバム紹介シリーズの一本目を早速投下している。

トリ

人間椅子のアルバムたくさんあるから大変じゃん

これについては通勤中にアルバムをひとつひとつ聴き返し、一曲ずつフィーリング重視のコメントをつけていくという作業を黙々と進めた。

そして今現在スタジオアルバムに関しては記事が存在する状態に持っていくことができた。

この経験は、大いなる達成感とともに、人間椅子の曲と詞のもつ魅力、そして人間椅子の信念を貫く姿勢にたっぷりと触れることができたため、よい取り組みであったと思っている。

トリ

改めてじっくり聴くのもいいね

またこのことから、日々ブログを書くコツというか、時間をうまく使おうと意識することできるようになった気がする。

 

さてその人間椅子記事第1弾とともに、先の長崎旅行に関して記事を形にした。

しかしながら満を持して(?)軍艦島上陸のことをまとめようとしたものの、わりととっちらかった内容の記事ができあがるのであった。

とまあブログの入り口はこんなところである。

初期は人間椅子をはじめとした音楽関連、水族館写真あたりのカテゴリーであれこれ書いていたようである。

3ヶ月ほど経ちMTG記事を書き始める

そのうち書き始めたのが、今は割とメインカテゴリになりつつあるマジック:ザ・ギャザリング(MTG)関連の記事である。

最初期にプレリ紹介記事を書いたっきりであったが、3ヶ月ほど経ちグランプリに初参加したことを契機にイベント参加記録を書き始めた。

MTG初心者で下手くそな筆者が書けるそれなりに人に読まれるMTG記事はなんだろか、といったところで少し考えた。イベント参加記録なら筆者のような復帰勢や、興味あるけど参加したことがない方に読んでもらえるかも、といった思惑である。

あと普通に書いてて楽しいし思い出が残って良い。

トリ

体験記なら気軽に書き始められるよね

といったところでグランプリやプレリリースイベントを始めとしてMTGに関する記事を主に書き始めるのであった。

これがまた個人的に楽しく、さらに幸いなことに周りにプレイヤーが結構いたこともあり(一部こちらから引きずり込んだ訳だが)、MTGは非常に良い現実逃避の相棒となっている。

トリ

なにその相棒

今では海外記事の翻訳に挑戦してみたりしているが、いつの日か自分で調整を進めたデッキの話を開陳できれば楽しいだろうなと夢想している。

気軽に書けるカテゴリを捻出・のらりくらりと書き続ける

コンスタントに数を打つことを心がけている筆者である。多少上下するものの均せばちょうど20記事/月というペースで1周年を迎えることができた。

このペースがどういう意味を持つのかはよくわからない訳だが、自分なりに無理がなく楽しめているのでよしとしている。

遅れがあると、ある程度頑張って書こうという気にもなっていい気がする。

さて、会社から帰ってきてなお「そういえば書くこと決まってないなー」ということがある。

そんな時にしばしば手を出すのがコンビニめしシリーズである。

ある日、よくよく考えると日々利用しまくっているセブンイレブンの惣菜が結構好きなことに気がついた。

トリ

近くて便利だからな

ということで好きな惣菜を見つけては紹介することにしている。

そのほかにもよく行く飲食店を紹介したらこのブログで1番くらい読まれていたりしてビビる。そして嬉しい。

トリ

意外と軽い気持ちで書いた記事が読まれてるよね

難しいものである。

どうやらアンテナをゆるく張り巡らすことが重要なようである。

おわりに 現実逃避は続く

それにしても、なんとなく1年続いて驚いている。

そして楽しく続いていることに謎の感動と安堵めいたものもある。

筆者は昔からなにかと3年しか続かないタイプなので、まず3年続けることをうっすら目標としつつ続ける所存である。

トリ

なんだそのタイプ

部活とか小中高で違ったことに手を出しているタイプである。

トリ

あ、うん

 

いやはや、それにしてもブログ、面白いものである。

トリ

次の1年ものらりくらりと行こう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください