【Mac】欧文フォントの異体字・リガチャを使ってみよう

Mac欧文フォント異体字リガチャの使い方【Keynote PixelmatorProなど】

ブログのアイキャッチ画像に気に入ったフォントを乗っけるのは割と楽しい。

最近欧文フォントの「異体字」や「リガチャ」なるものの存在を知った筆者ははしゃぎがちに色々試してみている次第である。

トリ

いや、落ち着きなさいよ

ということで、使い方を備忘メモ的に残しておく。

Macで欧文フォントの異体字・リガチャを使ってみる

異体字 alternate を使う

フォントの異体字

最近筆者が気に入っている「Kristopher」というフォントを使って例を示したい。

使用アプリとしてはKeynoteを用いて例を示すが、他のアプリでも同様に使用できるはずである。

(筆者が最近使用している「Pixelmator Pro」という画像編集ソフトでも同様の操作で使用できた)

(というか余談だが最近うっかりMacのOSアップデートをしてPhotoshop CS6が使用できなくなってしまったためお手頃なPixelmator Proを導入したのである)

トリ

(まじかよ)

まずフォントパネルを表示する

Keynoteの場合は、「フォーマット」>「フォントパネルを表示」でフォントパネルが表示できる。

タイポグラフィパネルを表示する

フォントパネルの左上にあるギアのアイコンをクリックすると、「タイポグラフィ」メニューが選択できる。

するとタイポグラフィパネルが表示される。

そこにある「代替スタイルセット」から選択するか、一番下の「異体字」をによって好みの異体字を選ぶことができる。

文字によるが、数種類選べる!

トリ

ふむふむ!

ちなみにタイポグラフィパネルの一番上に「リガチャ」メニューがあるため、リガチャ(合字)を使用する際にはお試しいただきたい。

フォントKristopherの異体字とリガチャはこんな感じ

ということで気に入っているフォントKristopherの異体字などの例である。

参考 プロも納得!持っておきたい英語フォント集DESIGHNCUTS

くるっとしたスワッシュ が非常にいい感じのフォントである。

基本的な字形はこんな感じ。下にあるのリガチャ(合字)もお洒落である。

異体字はこんなに用意されている!

こんな感じにできますよ、の例。

トリ

いい感じだな!

気に入ったフォントがあったら試してみると良いだろう。

おわりに

ということで欧文フォントの異体字を使用する方法を備忘メモ的に記しておいた。

お気に入りのフォントを使うのは楽しいわけだが、シャレオツなスワッシュやリガチャがあるフォントではそれらを色々試すべきだろう。そうするとさらに楽しくなるわけである。

 

いやはや、それにしてもフォント、楽しいものである。

トリ

お気に入りのフォントを見つけるのもいいかもね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください