【Ryan.B】ブライアン新世界「LOW-HIGH-BOOTS」を聴くべし【PIGGSサウンドプロデューサー】

PIGGSのサウンドプロデューサーRyan.Bの過去の作品・ブライアン新世界「LOW-HIGH-BOOTS」レビュー

この記事はPIGGSサウンドプロデューサー・Ryan.B氏の音楽を知るべく筆者が過去の作品を聴いてみる、というものである。

筆者

トリ

ふむふむ

ということでまずは氏がブライアン新世界時代のデビュー作「LOW-HIGH-BOOTS」を紹介していきたい(例によってフィーリング重視ではある)。

ブライアン新世界「LOW-HIGH-BOOTS」

念の為、Ryan.B名義でPIGGSのサウンドプロシューサーを務めるのはBRIAN SHINSEKAI氏である。

筆者

トリ

いやはや、シラナカッタゼ(最初からPIGGSのメンバーが全員フォローしてたネ!)

LOW-HIGH-BOOTSの収録曲

LOW-HIGH-BOOTS  ブライアン新世界

発売日: 2011/12/14

  1. LOW-HIGH-BOOTS (自宅DEMO)
  2. 月光ロッカー
  3. ロンリー論理に打ち勝て!
  4. つながり愛
  5. Burning my Fire!

2011年12月にリリースされたのがブライアン新世界のミニアルバム「LOW-HIGH-BOOTS」である。

全編通して熱きグラムロックが貫かれており、しかしその中にも多彩なアプローチが盛り込まれている。

そんな音楽的な振り幅の大きさはPIGGSの楽曲の多彩さとも通じていることであろう。

 

LOW-HIGH-BOOTS」はタイトルも、各曲の歌詞も面白い表現を多用しているのでじっくり堪能すべきだろう。

なんというか、とんちがきいている

筆者

トリ

お、おう

まず度肝を抜かれる表題曲にして宅録曲LOW-HIGH-BOOTSで幕開ける。

いきなり濃密すぎるものすごい情報量のグラムロックであり、オペラチックな分厚いコーラス、ハードロックなギター、シンセサイザーと全く目まぐるしい。

トリ

自宅DEMOなのまじ!?
技術も発想もぶっ飛んでいる!

筆者

続く4曲はバンドでレコーディングされている。

個人的にその4曲のドラマーが人間椅子ナカジマノブ氏だったことに、自分の好きなモノ同士が不意にリンクする嬉しみを覚えた次第である!

筆者

トリ

そういうの嬉しいよなー

ノブ氏の名前が!

ということでノブ氏のパワフルでハードロックなドラミングも感じつつ聴いてほしいところ。

トリ

ノブさん、人間椅子で叩いてるし、ルーツ的に80年代くらいの音楽好んでたから参加してるのかね?
そういった事情も気になるところである

筆者

さて、2曲目以降について、まずはパワフルなピアノを主体としたロック「月光ロッカー」である。

その名の通りロッカーの曲である。

トリ

(駅とかにある方のロッカー)

そして自分の内側に渦巻く人との交流についての妄念にとらわれる「ロンリー論理に打ち勝て!」はバンドサウンドのグルーヴがなんとも心地よい。

人と人とのつながりをしっとりと歌う「つながり愛」はこれまた2曲目とは異なる美しいピアノが印象的である。

トリ

ギターも感動的!
あとRyan.B氏の声が非常に良い。この曲だけじゃないけど

筆者

ラストを飾る「Burning my Fire!」はあまりに熱く曲名を繰り返し叫ぶ激アツチューンである。

トリ

バーニング!

ということで5曲入のミニアルバムながら非常に濃い1枚である。

聴きながら併せて読みたい対談記事

BRIAN SHINSEKAI特集 第5回|BRIAN SHINSEKAI×ROLLY対談

参考 BRIAN SHINSEKAI特集 第5回|BRIAN SHINSEKAI×ROLLY対談音楽ナタリー

アルバムの内容を直接扱っているわけではないが、おすすめなので紹介する。

ROLLY氏との対談である。両者のルーツとなるグラムロックについての話を軸に語り合う内容であり、大変興味深い。

プー・ルイ社長がI hate PIGGS内で「Ryanは天才」と話していたわけだが、その片鱗を垣間見える内容だと感じた

筆者

トリ

詞についての話は結構ぶっ飛んでたな!

おわりに

勢いでブタフィギュア買ってしまったがかなり気に入っている。

ということでブライアン新世界の「LOW-HIGH-BOOTS」の紹介であった。

筆者個人としては結構ツボな方向性である。

かなり好きな感じなので何度も聴いている

筆者

それにしても多彩な楽曲を提示するRyan.B氏であるが、ブライアン新世界時代の楽曲に触れることでその一端でもつかむきっかけとなるかもしれない。

トリ

要チェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください