【WACKを聴くべし】BiSH 「FAKE METAL JACKET」2ndアルバム【オススメ】

この記事は

このシリーズではBiSHBiSGANG PARADEEMPiREを擁する音楽プロダクションWACKの音源を紹介する。

曲はもちろん、背景などにも触れつつ紹介していきたい。

ロックでエモーショナルな曲の数々をひもときつつ、これからWACKの音楽に触れる方の少しの助けになれば幸いである。

トリ

かっこいいぞ!

【WACKを聴くべし】BiSH 「FAKE METAL JACKET」2ndアルバムもオススメ

FAKE METAL JACKETの中身

FAKE METAL JACKETの収録曲

「FAKE METAL JACKET」はBiSHの2ndアルバムである。

13曲収録。

FAKE METAL JACKET
 

01. スパーク
02. BiSH-星が瞬く夜に-
03. MONSTERS
04. Primitive
05. beautifulさ
06. OTNK
07. 身勝手あいにーじゅー
08. デパーチャーズ
09. ウォント
10. サラバかな
11. ALL YOU NEED IS LOVE
12. DEAR…
13. BUDOKANか もしくはTAMANEGI

ハシヤスメとリンリン加入! 当時の最高傑作

新規メンバーであるハシヤスメ・アツコリンリンが加入した後のアルバム。

発売当初には渡辺氏をもって「最高傑作のアルバムができた」と言わしめた。

タイトルに関して、「FAKE」にすることでまだ人は殺せない、というニュアンスが込められているという。

トリ

FULL METAL JACKETだと弾丸!

1stからの再録あり 新体制の歌割りへ

収録曲には1stアルバムからの人気曲4曲が新体制の歌割りで収録されている。

再録曲

  • スパーク
  • BiSH -星が瞬く夜に-
  • MONSTERS
  • サラバかな

トリ

歌以外にも微妙なアレンジの変化があるので良く聴き比べてみるとプロの仕事の一端を垣間見れる!?

シングルからOTNKも収録

先行して発売されていたシングルからOTNKも収録。

トリ

なんか色々すごい曲!

FAKE METAL JACKETの収録曲紹介

トリ

再録曲は割愛!

こっちもチェック!

WACK・BiSHアルバムレビュー1st「Brand-new idol SHiT」【WACKを聴くべし】BiSH 「Brand-new idol SHiT」始まりの1stアルバム【オススメ】

Primitive

ハシヤスメと渡辺氏による作詞曲である。

この時のBiSHの置かれてる状況とかこれから先のことを綴った歌詞になっている。

作曲は井口イチロウ氏である。

トリ

松隈さんかと思った!

beautifulさ

リンリン作詞曲。

早くも作詞を採用されているリンリンだが、今ではモモコに次ぐ数の詞を世に送り出している。

普段ちょっとしたことで逃げたくなるようなこともあるが、それを徐々に乗り越えていくというストーリーになっている。

トリ

いい感じに尖ってるけどすごいいい詞だぞ!

軽快な青春パンク的な曲調である。

OTNK

シングル曲。

フォークメタル、バイキングメタルのごとき曲に仕上がっている。

弦楽器と激しいバンドサウンドのアンサンブルが強烈なインパクトでかっこよし。

トリ

速い!

MVは爆発とかするのが逆に和む。

ソラミミ的になにやらチン妙な発音が聴きとれるわけだが、それもまた受けたのだろうか。

なんと当時オリコン10位である。

トリ

どうなってんの!?

身勝手あいにーじゅー

ハグ・ミィ作詞曲。

アイドルへガチ恋するオタクを歌った歌である。

デパーチャーズ

モモコ作詞曲。

ここじゃ輝けないのに仕方なくそこにいる人、というのがテーマとなっている歌である。

現代人の多くの人に刺さるのではと思わずにはいられない。

ウォント

これもモモコ作詞曲。

失恋の歌である。

軽やかに刻むギターの音が良い。

トリ

浅はかな男を糾弾!

ALL YOU NEED IS LOVE

BiSH、松隈氏、渡辺氏の共作詞である。

しっとりとした曲である。

トリ

最後はパンクな展開!

通して非常にエモーショナルな仕上がり。

この時のBiSHをしっかりと伝えるべく全員で作詞した歌になっている。

つまり先を見据えた曲でもあるのだ。

このALL YOU NEED IS LOVEもまたMVが発表されている。

トリ

いつになく真面目なMV!

渡部氏によると「初期にこんな曲を作っていたことがわかったらきっともっと好きに」という思いもあるそうな。

トリ

いい曲!

DEAR…

これまたモモコ作詞曲。なかなか挑発的なものになっている。

トリ

モモコやるな!

モモコがストレスを溜めた時に書いたという。

BUDOKANか もしくはTAMANEGI

チッチと松隈氏・渡辺氏による作詞曲。

ピアノが美しく彩る、このアルバムにおいても最高にエモーショナルな一曲。

「終わってほしくない最高の時間」がテーマとのこと。

トリ

いつか武道館で歌われるに違いない!

その時が楽しみである。

合わせて読みたい当時のインタビュー

ナタリーにてメンバーと渡部氏へのインタビューが敢行されている。

参考 BiSH 6人が生み出した”最エモ”アルバム「FAKE METAL JACKET」音楽ナタリー

トリ

このころのリンリン初々しいな!

BiSとは異なるファン層を獲得した当時の様子、そして取り巻く環境の勢いに逆に追いつかなければというメンバーの意志が滲み出る。

トリ

今は自分たちで勢いを作ってるよな!

おわりに

CD収納部の裏

と言うことでBiSHの2ndアルバム「FAKE METAL JACKET」の紹介であった。

改めて聴いていてもその楽曲のクオリティの高さを感じるばかりである。

昨今のBiSHを知って作品を遡っている方やこれからBiSHやWACKの音楽に触れる方の一助となれば幸いである。

 

いやはや、それにしてもBiSH、面白いものである。

トリ

みんなで聴こう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください