【ライブレポート】PIGGS「ツインテールフェス2021」を観た!【写真あり】

【PIGGS】ライブレポート ツインテールフェス20210202duo MUSIC EXCHANGE

このライブレポートは

なるべくPIGGSのライブに行きたい筆者が、観に行ったライブについて書き残しているものである。

PIGGSのライブの様子が少しでも伝われば幸いである!

筆者

撮影OKなため、撮った写真を併せて掲載しているので是非楽しんでいただきたい。

2021年2月2日、PIGGSツインテールフェスなるイベントに出演することとなった。

トリ

なにそれ

なにやら日本ツインテール協会なる組織が主催しているフェスらしい。

ともかくPIGGSのライブが観られるなら行くしかなかろう、ということで観てきたのだ。

PIGGSを観にツインテールフェスに赴く

会場はduo MUSICEXCHANGE

今回の会場は渋谷のduo MUSICEXCHANGEである。

隣接しているO-EASTや向かいのO-WESTにはなんども行ったことがあったが、duoは初めてであった。

調べてみればなにやらデカイ柱がフロアにあるという(邪魔そう)。

この日O-EAST、O-WESTもフェスの会場となっており、並行してライブが開催されるそうな。

PIGGSの出番は3番目である。

PIGGS以外はほぼ知らないグループではあったが、開場とともに入場できるように渋谷へと向かった。

余談だが、会場の前で存在感のある数名の女性とすれ違ったのだが、すれ違いきったところでPIGGSのメンバーだったと気づいた、ということがあった(明らかにかわいかった)

筆者

攻め気味なセトリ 存在感出しすぎなPIGGS

ということでPIGGSの出番である。

激しいハンドクラップが盛り上がりを演出するOPSEとともにメンバーが入場してくる。

ここまでの出演者がそうであったように、今日はメンバー全員ツインテールである。

ツインテールが特に好きな髪型、というわけでもないけど、とにかくみんなすごい可愛かったわ

筆者

【PIGGS】ツインテールのプー・ルイ

オレンジ色が映えていたプーちゃん。かわいい…

【PIGGS】ツインテールのCHIYO-P

極小のツインテールなチヨピー。かわいい…

【PIGGS】ツインテールのUMI

高めなツインテールがすばらしいウミちゃん。かわいい…

シェルさんも高め。かわいい…

【PIGGS】ツインテールのBAN-BAN

バンバンは中くらいの高さである。かわいい…

みなそれぞれ違った趣のツインテールである。

そしてツインテールはその趣ごとに異なった舞い様を見せ、その懐の広さだけが茫洋とするのである。

俄にツインテールの深淵を垣間見、そんな思いが去来するのであった。

トリ

訳:全員かわいすぎ
そんな感じー

筆者

 

さて、PIGGSは多彩な楽曲がその魅力のひとつである。

そしてこの日、アイドルが集うこのツインテールフェスにおいて一際存在感を放つ楽曲を用意していたのであった。

セットリスト

  1. 骨伝導massive
  2. クマンバチの独白
  3. ヴェルヴェット思想家
  4. 飛べない蛇
  5. フォーエバー・ヤング
  6. ザ・ストレンジャーズ
  7. KICKS

トリ

乗っけから骨伝導massive

曲の間奏においてUMIがメンバーをボコボコにしていくわけだが、見る度に強度が増している気がする。

最後に髪を掴まれて3度殴り伏せられたBAN-BANはその後馬乗りになり徹底的にやられていた。

現在脚を療養中のUMIだが、相変わらず独壇場と言えるパフォーマンスができるように構成を調整してあるのだ。

なんかもう、こなれてきた気すらする

筆者

トリ

リハビリも順調ってツイートしてたね!

そんなわけで、この日は昨年末のワンマンライブPIGGY BAD HIPのときより、さらに入念にボコボコにしていた次第である。

続くのはクマンバチの独白であり、これまた攻めまくる曲だ。

激しくパンキッシュなビートが攻撃的な振りと相まって会場の熱が高まるばかりである。

そして当然激しいダンスとともにツインテールが舞うのであった。

トリ

そりゃそうだ

駆け抜けるように歌いきると鳴り響くのはヴェルヴェット思想家のイントロである。

どこか不穏なムードから豪快なヘドバンのサビへ切り替わる様は痛快そのものであり、ここは是非一緒にヘドバンすべきと言える。

当然これ以上になくツインテールが振り乱されたのであった。

トリ

わかったわかった。ここまではかっこいい攻めた曲が続いてる!

束の間のMCが入り、雰囲気を一転して飛べない蛇である。

ここまでとは違う角度に一線を画すレゲエ曲だ。

トリ

これまたPIGGSならではの曲だよな〜
切なくも哀愁に満ちた名曲…!今日も結局プーちゃんとチヨピーのラストの声に胸打たれて泣いた次第である

筆者

トリ

うむ(コイツ毎回泣いてんな)

続いてプー・ルイ社長の力強い歌唱で幕開けるのは、フォーエバー・ヤングである。

次のステージに向かう決意の曲のような、熱すぎる一曲なのだ。

これもグッとくるんだよなー最後に腕を上げるところなんか、まじで早くみんなで声出したいよ

筆者

ザ・ストレンジャーズは、ライブを通して大化けした曲だろう。

ダンサブルなビートに乗るクラップ音が盛り上がりを加速させ、不意に飛び出す変顔や珍妙なフリがたまらない。

そんなこんなで30分という持ち時間はあっという間に過ぎ去ろうとしていた。

トリ

ラストはKICKS

この曲のイントロは気持ちを上げてくる。

ここの心に染み渡るギターの歪んだ音がたまらんのだ

筆者

PIGGSの活動において最初に公開された曲であり、非常に重要なポジションにある曲だろう。

サビのフリはやはり最高に楽しいし、メンバーの表情は最高であった。

そしてツインテールは弾けていた。

トリ

あ、うん

PIGGS Photo Gallery ツインテールフェス2021

筆者のInstagramアカウントにてPIGGSのモノクロ写真を投稿している。是非観てみていただきたい

筆者

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さば(@yozoutsutsu.p)がシェアした投稿

おわりに

ということで2021年2月2日のツインテールの日に会社を休んでツインテールフェスを観に行ってきた、という話である。

こういったコンセプトでいつもと違う髪型のメンバーを見られるというのは全く悪くないものである(良い)。

年イチくらいが丁度いい気がするので、これは良いフェスだと言えよう。

 

いやはや、ツインテールなPIGGS、それもまた良し

筆者

トリ

うむ!

他のPIGGS関連の記事を読んでみる

 

チームPIGGSのTwitterをチェック!

メンバーのアカウント↓

プー・ルイ

CHIYO-P   

UMI   

SHELLME

BAN-BAN

サウンドプロデューサーRyan.BことBRIAN SHINSEKAI氏↓

Ryan.B 

ビジュアルワーク担当のMETTY氏↓

METTY 

振り付けを担当しているカミヤサキ氏

カミヤサキ

参考 CHOREOGRAPHYSaki Kamiya

「I HATE PIGGS」を担当していた放送作家の石原氏↓

イッシーさん

PIGGS公式アカウント↓

PIGGS公式

参考 PIGGS MUSICYouTube PIGGSチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください