カレーの調理効率を極める

以前、このブログにてSHARPのヘルシオホットクックを活用してカレーを作りまくっている、ということを書いた。

ヘルシオホットクックが便利でおすすめ 買ってよかったアラサー独身のソリューションカレー【楽でおいしい自炊】

それから数ヶ月、自炊のメインメニューはカレーであり続けたわけだが最近変革があった。

という日記である。

トリ

ふーん

ヘルシオホットクックでサバカレー【楽でおいしい自炊】

カレーの具にサバ缶を採用してみる

以前、家にサバ缶のストックがあったためカレーに使えないか調べてみた。

すると普通にサバカレーのレシピが複数見つかった。

特に難しいことはなく、ただサバ缶を入れれば良さそうである。

そんなわけで、それまでは鶏もも肉をカレーの具としていたのだが、サバに変更してみた。

作って食べてみればコレが全く問題なくカレーである。

 

ということでサバ缶がカレーの具レギュラー入りを果たしたのであった。

サバ缶で調理工程を削減する

このサバカレーの良いところとして、「肉を切らなくて良い」ということが挙げられる。

というか実質的な調理工程は「玉ねぎを切る」だけである(他にも野菜を入れたければ切る必要はあるが)。

というのも他の具はカットトマト缶とサバ缶だけである。

これらは手軽な上に保存もききまくる。

そして全部容器に入れて、あとは調理家電におまかせとなる。

 

そんなわけで、この日もまたサバカレーを作った。

作り方を紹介しておく【写真あり】

材料。具は突き詰めてシンプルである。玉ねぎ、トマト缶、サバ缶、カレー粉。追加で入れたい場合は野菜を追加しよう。

玉ねぎを適当に切る。これでほぼ調理終了である。

この日は安かった人参もちょっと加えた。

最近使っているカレー粉。楽天で何種類か試しているところ。

ちなみにお買い物マラソン時だと1000円で購入ができる。

ひとかけだけカレールーも入れる。日本のカレーっぽさが加わる。

前に買ったけど、全くなくならないスパイス類を無闇にいれる。またおろしにんにくや生姜を入れるといい感じになるのでおすすめ。

で、スイッチオンであとは待つだけ。

ってな感じで楽なのだ。

できあがり! いつも納豆トッピングにしている。あと最近玄米を導入した(うまい)。

割とカレー粉多めにしており、なんとなくカレー粉の粒状感もあるがそれもまたよし。

楽すぎるのに美味しいので、大変おすすめである。

おわりに

できるだけ生活をコンパクトにしたいので、最近色々改善を図ってみている。

自炊の基本メニューをここまで楽にできると作る機会も増える。

特にテレワークが増えているため平日も仕事の隙きをついて作りまくりである。

これにより食費も抑えられているし、買い物で悩むことも少なく効率的な面が大きい。

 

いやはや、それにしてもカレー、最高である。

以下、余談である。

カレーが最高すぎてS&Bの赤缶を2kg買ってしまった。

トリ

やりすぎでは!?
まぁ毎月400gは消費しているし、最近在宅が増えているので余計に消費量が増える目論見なのである…!

筆者

そんな感じである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください