【カレーの日】お手軽すぎるコンビーフカレーのすすめ【そしてレンジで調理】

ノザキのコンビーフと野菜ジュースを一緒にレンチンするだけの超お手がるカレーが激ウマ

1月22日というのはどうやらカレーの日であるという。

トリ

へー、知らんかった

というのを遅ればせながら1月26日に気づいた筆者であった。

そんな中、Twitterにてふと見つけた美味しそうでかなりお手軽すぎるカレーを作ってみた、という話である。

トリ

ふむふむ

あの缶詰を使ってレンジで作れてしまうのである。

野菜ジュースとコンビーフで作る超お手軽カレーが激ウマ

コンビーフでおなじみのノザキのアカウントを注視すべし

ということでなにかとバズっている「ノザキ」のアカウントにて、お手軽コンビーフカレーの作り方が発信されていた。

トリ

ノザキのコンビーフでおなじみ!

なにやらかなりお手軽な手法を用いる模様である。

実際に作ってみた【野菜ジュースxコンビーフのレンチンカレー】

早速コンビーフやカレールーを買ってきた。

近所のドラッグストアにて購入してきた材料一式である。

  • ノザキのコンビーフ
  • カレールー
  • 野菜ジュース

野菜ジュースはトマトベースのドロっとしてるくらいのが多分いいはず。

カレールーは1皿分に分けられる包装のものを購入。

今回はPREMIUM熟カレーの中辛をチョイス。

このカレーを作るなら1皿分使える商品がよいだろう。

ちなみにコンビーフの使用量は50gなので、1缶の半分を使用することになる。

あまりは適当に冷蔵保存して早めに使うべし。

レンジでの加熱にはこんな容器を使うとよいだろう。蓋は閉め切らないようにすると良いとのこと。

さて、作り方だが大変簡単である。

すべての材料を容器に入れて、計3分半加熱するだけである。

材料をすべて突っ込むべし。カレールーに野菜ジュースをぶっかけるの図。

コンビーフを開ける。何やら備え付けられているアイテムを使うことになる。

THE巻取り爪

開け口をお越し、巻取り爪を引っ掛ける。

くるりとまわす。

巻き取りすすめる。なんだか気持ちいい。

1周。

パカリ。

半量を投入して、混ぜておく。これに軽く蓋をして、レンジで合計3分半加熱する。

ということでまず2分加熱してみた。

途中でかき混ぜることが推奨されていたため、600Wにて2分加熱して一旦かき混ぜてみた。

更に1分半加熱した状態。レンジから出してもグツグツしていた。意外と溶け切っていないルーが浮かんでいたので、よく混ぜたほうがイイだろう。

完成! ごはんはわかめ混ぜご飯の素を使用したものしかなかったのでそれを温めて使用している。

トリ

また納豆乗っけてるし

コンビーフカレーを食す 作り込まれたかのうような味が立ち込める

はっきり言ってかなりうまい。

これはうまい。

トリ

(納豆…)

公式のツイートにもあったように、野菜とろっとろの牛肉ほろっほろな趣が感じ取れる。

こんなお手軽においしいカレーが作れるというのは、カレー好きの筆者としてはかなり衝撃的である。

コンビーフもカレールーもあまりが発生したため、しばらく食べまくってしまうかも知れない。

 

そんなわけでおすすめである。

余談 ノザキのコンビーフのパッケージが変わるそうな

すでに製造は終了しているため、今後新たなパッケージ(樹脂製の容器にアルミシートで封)に変わるそうである。

枕缶も開けるのが楽しげで良かったのだが、いやはや、製造ラインが限界ということで残念ながらの変更と相成ったそうな。

 

さて、それらとは一切関係ないが、以下のツイートの破壊力が大変なものである。

トリ

なんか気になるアカウントだな

おわりに

うますぎ。

ということでお手軽すぎるカレーの作り方を試してみた、という話である。

カレー好き、コンビーフ好きは是非試してみるべきだろう。

ちなみにこんなものもあるらしい。

トリ

さらに手軽!

 

いやはや、それにしてもノザキのコンビーフ、魅力的な食品である。

トリ

手軽にためしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください