令和なのにCDラジカセを買った。【SONY CFD-S401】

SONYのCDラジカセがおすすめ

世は令和である。

思い立ちラジカセを購入してしまった。

トリ

令和にラジカセって!
そして想像を遥かに越えて満足度が高い

筆者

ということでSONYのパーソナルオーディオシステムCFD-S401がイイぞ!という話である。

SONYのCDラジカセ CFD-S401が令和に買うラジカセとしておすすめ

今どきなぜラジカセなのか

筆者が好んで聴いているアイドルグループがカセットテープにて作品をゲリラ発売した。

トリ

BiS

かのWACK所属のグループの中でも筆者が最も好んで聴いているグループが第3期のBiSである。

これをどうしても聴きたい、というのが理由の大きな部分を占めている。

他にもEMPiREのカセットもいくつか所持している。

今後もWACKからはカセットテープがたびたび出てくると予想している

筆者

さらに最近非常に素晴らしいCDアルバムを入手した。

それがPIGGSHALLO PIGGSである。

【Ryan.B】PIGGS「HALLO PIGGS」がおすすめすぎる1stアルバム【グラムロック】

これはクラファンバージョンのジャケット。サイン入りである。

これもどうせならCDを再生したい、などという気持ちが購入を後押ししてしまった。

はじめは安い小型のカセットテープ再生機器をお茶を濁すように購入しようかと思ったのだが、結果このラジカセである。

ラジカセを選ぶにあたりこのSONYCFD-S401にした主な理由は、以下の通り。

  • デザインが悪くない (ラジカセにありがちな無駄な丸さが少ない!)
  • 色が良かった(ベージュが絶妙)
  • カセットがちゃんと聴けそう(予測)
  • CDもちゃんと聴ける
  • It’s a Sony.

こんなところである。

SONYストアで購入した

今回はSONYストアで買い物をした。

筆者がSONYのカメラを愛用している都合、ちょいちょいSONYストアのクーポンが手に入るのである。

10%引きで買えた!

筆者

トリ

お得じゃん

SONYテープで留められたダンボールが届いた。

CFD-S401を開封する

箱はこんなダンボール。

可動部はテープで固定されて届く。付属のコードと綿棒(!)も同梱。本体色はベージュをチョイス。ありそうでない色で良し。

メンテナンス用の綿棒である。

コンセントにさしても動くし、乾電池(単2を6本)でも動く。また時計のメモリ用に単4電池3本が必要(別売り)。たまたまeneloopがあったので入れてみたの図。

電池は別売りなので、持ち運びが予想される場合は単4電池を3本確保しておくことをおすすめする。

と、ここまでで音楽を聴く準備は完了である。

トリ

ふむ

再生ボタンを押すの久しぶりじゃない?

電源をつなぐと液晶が点灯する。

ということでCDやらカセットをセットしてみる。

BiSのイミテーションセンセーションを入れてみるの図。

おい!テープをセットするの、なんかテンションあがるよ!

筆者

トリ

落ち着けよ

なにせ実に20年以上近くカセットなど触れていない。

妙に楽しいのであった。

セット完了である。ちなみに写真上部から右側にかけての枠っぽい部分は取っ手になる。

再生ボタンを押すと「カシャっ」といい音がしてテープが送られてゆく。

「サー」っという再生に伴うノイズもどこか心地いい。

トリ

そんなノイズあったね!

曲の良さもあるものの、不意にカセットを再生する楽しみに囚われた筆者は夢中でサイドAとサイドBを行ったり来たりしてしまった次第である。

続いてCD。

カセットほどではないけれどこれまた久しぶりに「再生」する。ちなみに再生ボタンなどはCD・テープで共通になっている。

CDも再生時の「キュルキュル」というノイズがなんとも懐かしかった。

それにしても手元で再生ボタンを押して音楽を流すという行為がすごく良い。

なんかよくわからないけれど非常に良いのである。

もともと未だにCDを買いたくなる筆者であったが、ここにきてあえてフィジカルで買うことの正当な理由と楽しみが出来てしまった。

筆者

トリ

いや別に言い訳めいたものいらんでしょ

それもそうである。

CFD-S401の概要

価格サイズ感は以下の通り。

  • 価格はSONYストアで12,880 円+税
  • サイズは約320×134×199mm
  • 重さは2.8kgである。

トリ

まぁそれなりに場所とるよね

結果、その懸念を上回る満足感を得られたので、個人的には買って良かった。

色は白・黒・ベージュ・ブルーグレーの4色展開である。

参考 CDラジオカセットレコーダーSONY

トリ

ブルーグレーはWEB販売向け限定モデルで、ソニーストア他全国家電量販店のWEBサイトで購入できるヤツ!

まだ使ったことがないため紹介できていないが、ラジオも当然聴けるし、他にも次のような機能を備えている。

■スヌーズ機能付きめざましタイマー機能を搭載しているので、目覚ましにも使えて便利です。

■あらかじめ設定した時間(15分/30分/60分/90分)が過ぎると自動的に電源をオフできるおやすみタイマーを搭載。ラジオを聞きながら就寝するときなど、電源の切り忘れを防げます。

■別売マイクをつないでCDを再生しながらカラオケを楽しんだり、自分の声をカセットテープに録音したりできます。

■教室や会議室での講座、スピーチなどに拡声器として使えます。

■バスレフ構造を採用し、豊かで伸びのある低音を実現しました。

■カセット、ラジオなど機能毎にイコライザを設計、音を最適化しました。

トリ

詳しくは公式ページをチェック!

おわりに

そんなわけで、令和にラジカセをかってしまった、という話である。

思いのほかテンションがあがるし、改めて音楽を聴くのが楽しくなる可能性を秘めた素晴らしい商品だと感じている。

もちろん素晴らしい音楽があってこそではあるのだが

筆者

カセットを手に入れてしまった方は是非検討してみるのも良いだろう。

トリ

WACKが好きな人は要チェックかも!

 

いやはや、それにしてもラジカセ、令和でも悪くない(良い)

筆者

トリ

聴いてみると楽しいぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください