【ライブレポート】BiS「DANGER OF MiXiNG BiS」@LINE CUBE SHIBUYA【写真あり】

TheDANGER OF MiXiNG BiSライブレポート写真あり

2020年12月18日に第3期BiSのライブがLINE CUBE SHIBUYAにて実施された。

トリ

渋公!
いつかPIGGSBiSが対バンしそうだし、来たるべき日に備えて今回BiSも観に行ってみたわけだ(PIGGS始動時に渡辺社長がツイートしていた)

筆者

そんなわけで写真メインで紹介していきたい。

BiS「DANGER OF MiXiNG BiS」を観た!

BiSが東京で有人のライブをするのは、なにやらかなり久しぶりになってしまったとのこと。

トリ

10ヶ月ぶりだっけ?

筆者としては、デビューから曲だけは聴き続けているが初めての3期BiSのライブである。

ただし3階席というかなり離れた席になってしまった。

距離感が遠いのが気になったが、とにかく行ってみた次第である。

社長のナレーションが熱かった

入場後は座席で待機していた。

キャパは50%に抑えられており、ひと席づつ空いた状態で指定されている。

一階を見れば、ステージにやや大掛かりなセットがある。

規制退場と案内を出している係員の方が見受けられた。終演後、退場の際は案内に従って指定の列ごとに席を立つ流れになるようだった。

3階席からの視界。ステージのセットが大掛かり。また最前には規制退場の看板を掲げる係員さんが。

開演直前には渡辺社長からの影ナレがあり、その言葉に熱を感じた次第である。

この日は配信用のカメラも入っていた。

BiS 全23曲を披露

プロジェクションマッピングを用いた演出とともに4名がセットの2階部分から登場する。

STUPiDにはじまり、代表曲を次々に披露していく。

生で聴くのは初めてだった。

席からは遠いが心躍るものである。

途中のthousand cricketsではラジオ体操からの謎のスクワット対決が勃発し、トギーが余裕の勝利。

ラジオ体操令和第2からのガチンコスクワット対決である。

直後も一人ピンピンしていた(ほかメンバーは階段を降りるのもつらそうであった)

トリ

トギーかっけぇ

本編ラストはTOUCH ME。

アンコールではメンバーひとりひとりからのMCが入った。

ときに涙しながらこのコロナ禍のことやそこで気づけたライブへの思い、研究員への思いなどを語ってくれていた。

そしてBiS-どうやらゾンビのおでまし-、CURTAiN CALL x2を披露して終了となった。

終了後、カメラへと呼びかけるBiS。

Photo Gallery

合わせて読みたい記事

セットリストやMC、写真などが豊富な記事が多く出ていた。

トリ

要チェック!

音楽ナタリー BiS感情爆発の2020年ラストライブ終幕、新ツアー「KiLLiNG IDOLS TOUR」開催を発表

参考 BiS感情爆発の2020年ラストライブ終幕、新ツアー「KiLLiNG IDOLS TOUR」開催を発表音楽ナタリー

おわりに

ということで第3期BiSを初めて観た、という話であった。

正直なところ、3階席は遠かった。

しかし彼女たちは会場を常に見渡してくれていた気もする。

そして来年1月からはツアーが始まるという。

このコロナ禍でどう動いていくのか気になるところ。

 

いやはや、それにしてもBiS、面白いものである。

筆者

トリ

ふむふむ
ライブはやはり楽しい。楽しかったのだが、実を言うとライブ中、同じ時刻に実施されていたPIGGSのインストアライブが気になって仕方がなかったりした

筆者

トリ

おやおや
ごく個人的な話で恐縮だが、なんというかこのタイミングだと完全にPIGGSが好きだということを再確認した形になってしまった

筆者

PIGGSは始動からファンとの距離が縮まるような企画が続き、たまたま筆者はそれをずっと観ていたので思い入れ面で完全に差が出ていたようだ。

という余談である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください