MacBook Air用にスタンドを買ってみた

先日iMacからMacBook Airに買い替えた筆者である。

MacBook Air(M1)を買ってみた【買い替えの理由とか】 Apple Trade Inの使い方と感想Apple trade inでMacを買い替えた【2021年9月】
良い

筆者

トリ

ふーん

もともと持っていたディスプレイとの兼ね合いからノートPCのスタンドを使ってみようと買ってみたのだ。

買ってみたところ、結構満足できたので紹介したい。

twelve southのCurveを買ってみた【MacBookのスタンド】

MacBook Airでのディアルディスプレイのおともにスタンドを買う

先日も書いたが、EIZOのディスプレイFlexScanシリーズのEV2480はMacBookと相性が良い。

MacBook Air(M1)を買ってみた【買い替えの理由とか】

USB-Cケーブル1本でデュアルディスプレイしつつ、ノートPCへの給電、さらにディスプレイ側のUSBポートをハブにできる機能を備えているのだ。

現在モニターアームにてディスプレイを設置しており、ちょうどよい高さにMacBook Airを設置したかったわけである。

ついでに使うアプリケーションによっては若干MacBook Air本体が発熱することもわかっており、放熱しやすいスタンドを使いたくなっていた。

スタンドについては特に入念に検討したわけではない。

見た目が気に入れるものを使いたかったので、twelve southのCurveを購入してみた。

ちなみにこちらのスタンドはAppleストアにもサードパーティのアクセサリとしてラインナップされているスタンドである。

つまりAppleからもそれなりに信頼をもたれている商品なのでは、なんてことも思いつつ購入してみた。

twelve southのCurveを開封してみる

ということで今回は楽天で注文した。

7300円くらいで買った

筆者

パッケージはこんな感じ。

何やら保護している不織布の専用機感がすごい。

こんな感じの外観。

滑り止めはしっかり効く。

並べるとこんな感じ。

流石にスタンドにおいた状態でMacBook Air本体のキーボードは使いづらい。

そのため気に入っているHHKBを継続して使うことにする。

結構前に買ったので有線タイプのものである。

これもまたディスプレイ側に接続すればMacBook Air側でちゃんと認識してくれるのでUSBを変換する必要はない。

USBポートは側面に2つ、底面に2つの計4つである。あとはUSB-C、HDMI、Displayポートの3種が接続できる。

しかしながらマウスがない。

iMacに付属していたMagic Mouseは個人的にはなんだかんだ使いやすかった。

ガラス面をスワイプしてスクロールしたりする感じも結構好きだったのだ。

そんなわけで、次回(?)はマウス的な何かを導入したいところ。

おわりに

ということで、MacBook Air用にtwelve southCurveというスタンドを購入してみた、という話であった。

スッキリしたデザインで十分な機能性なのでおすすめ

筆者

 

いやはや、デスク環境を整えていくのはなんだか楽しいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください