【暗所】動物園で夜行性の動物を撮ってみた【α7sIIIスチル】

ふらっと動物園に行く機会があったので、夜行性の動物がいる施設にて、α7sIIIで暗所撮影をしてみた。

天王寺動物園に行ってきたのだ

筆者

トリ

ふむふむ

レンズは70-180mm F/2.8 Di III VXDである。

暗所の写真に関しては、現像はLightroom Classicでブログ用のリサイズだけしている。

動物園で夜行性の動物を撮ってみた

そんなわけで夜行性動物舎へ。

注意書きアリである。キーウィが泣いている…。

大事なことなので注意書きが多い。

ということで内部へ行くと暗くなる。

夜行性の動物が何種類かいる。

まずはコウモリ。

最初は筆者のいつもの設定のままだったためISOの上限は16000にしていた。

わりと何も考えずに突入していたのだ

筆者

トリ

おい

2体が絡み合っていた。

結構いっぱいいてびびる。

多いよ。

このエジプトルーセットオオコウモリは照明が明るめだったため、手持ちでも十分なシャッタースピード(1/200や1/160)で撮影できている。

フクロウ。

そのままの設定で暗いフクロウを撮影した。

暗いものの結構解像している。

トリ

トリは良いネ

キンカジュー。あっちむいてるけど。

少しシャッタースピードを落として撮影したキンカジュー。

動き回っていた(常同行動?)。

続いてショウカラゴを撮影してみる。

ショウカラゴ。流石に暗い。

ここでISO感度の上限を51200まで上げてみた。

かわいい。

個人的にはノイズの出方も好き

筆者

性能的にはもっとISO感度を上げられるわけだが、なんとなくこのままいくことにした。

トリ

いや、試せよ

まったくである。

続いて見てみたかったキーウィ

日本で見られるのは天王寺動物園だけ、と記されているキーウィ。丸まっててよくわからんが、なんかかわいい。

トリ

ニュージーランドの国鳥!これはいいトリ!暗いけど!

最後にまたキンカジュー。

キンカジューはこんな顔。つぶらな瞳。

こんな感じであった。

おわりに

ということでα7sIIIで真っ暗な場所を撮ってきた、という話である。

特に徹底検証でもなんでもないわけだが、まぁ気楽にこれだけ撮れるってことがすごいということで

筆者

トリ

おい

シャッタースピードもそれなりに確保でき、ボディ内の手ブレ補正も相まってなかなか頼もしい性能である。

 

いやはや、それにしても動物園、面白いものである。

筆者

トリ

もっとトリ見たい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください