【ライブレポ】PIGGS「DEAR HUNTER TOUR」@ EX THEATER ROPPONGIを観た!【2022/1/8】

PIGGS DEAR HUNTER TOUR ファイナルライブレポート

このライブレポートは

PIGGSのライブになるべく行きたい筆者が、観に行けたライブについて書き残しているものである。

PIGGSのライブの様子が少しでも伝われば幸いである!

筆者

撮影OKなライブに関しては、撮った写真を併せて掲載しているので是非楽しんでいただきたい。

「DEAR HUNTER TOUR」@ EX THEATER ROPPONGIを観に行ってきた

PIGGS、2022年一発目はツアーファイナル

PIGGSの新年一発目のライブは、2021年秋から始まったワンマンツアー「DEAR HUNTER TOUR」のファイナルとなった。

会場であるEX THEATER ROPPONGIはチケットもソールドアウトということで多くの観客が会場に集っていた。

筆者もまたチケットを確保していたため見に行ってきたわけである。

これまたすごく良かったぞ!

筆者

トリ

ほほう!

このツアーは新メンバーのKINCHANの100kmマラソンから始まり、そのKINCHANにとっては初のツアーとなった。

何度かツアーの公演を観てきたが、KINCHANも、PIGGSというチームも、大きく前に進んだようなそんなツアーだったのではないだろうか。

そんなことを感じさせるツアーであった。

DEAR HUNTER TOURファイナル セットリスト

  1. NAKED BORN NAKED DIE
  2. VISITOR
  3. ザ・ストレンジャーズ
  4. クマンバチの独白
  5. THANK YOU FUCK YOU
  6. PIPE FICTION
  7. スナッチャー
  8. 夢を見させて
  9. 飛べない蛇(piano ver)
  10. フューチャー・スターダスト
  11. カッシーニ
  12. 危険くらいがちょうどいい
  13. T.A.K.O
  14. フォーエバー・ヤング
  15. KICKS
  16. I CAN’T BE
  17. とらえる
  18. PIGGS-モナリザ-

    <アンコール>

  19. NOT PIG
  20. LINK EMOTION

DEAR HUNTER TOURの集大成を魅せる渾身のライブ

開場して指定席へとつくと、まず目についたのはステージに設置された大きな照明器具である。

そして「収録あり」とのアナウンスがあり、ステージの袖にクレーンに乗ったカメラも確認できた。

ワンマンの会場としては最大級であり、その力の入り方もすでにして伺える。

次第に埋まってゆく会場とともに、気持ちも高まるばかりである。

そしていよいよ開演となった。

初っ端はこのツアーおなじみと言えそうなNAKED BONE NAKED DIEからのVISITORというスタート。

続いて5KILL STARSからの3曲が続く。

自己紹介をはさみつつ、HALLO PIGGSからPIPE FICTIONとスナッチャーが披露される。

HALLO PIGGSの定番(KICKS、とらえる、モナリザ、蛇という勝手なイメージ)以外の曲を聞くと、なんだかコロナ禍の最序盤の頃を妙に思い出すんだけど、それでいてKINCHAN加入後の今のPIGGSで披露していることになんとも不思議な新鮮さを感じたりする

筆者

今のPIGGSでまだ聴けていない曲も、今後聴けるのだろうと思うと楽しみである。

ピアノバージョンだった飛べない蛇では中山晃子氏によるAlive Paintingがプロジェクターにより投影され、その美しくも儚い映像は非常に印象的だった。

 

トリ

カッコイイ!
リアルタイムでのパフォーマンスだった模様!良い!

筆者

途中コント仕立て(?)な今年の抱負MCからの危険くらいがちょうどいいに続く様はPIGGSらしいおかしさ(?)満点だったが曲はカッコイイので大変である。

T.A.K.Oでも再びAlive Paintingで、先程とはまたことなる妖しく激しいムードが立ち込めていた。

その後は怒涛のキラーチューンを連発してとらえる、モナ・リザにて本編は終了となった。

アンコールにてNOT PIG衣装披露! 次なるツアー、ニューシングルの告知も!

アンコールではNOT PIGのMVの鮮烈な赤い衣装にて登場したPIGGSである。

そして20箇所29公演にわたる新ツアー「SOUL MEAT 2929 TOUR」の決定と、3/30発売のニューシングル「小さな叫び」という嬉しい知らせも届けられた。

プー・ルイ社長の思いのこもったMCがあり、NOT PIG、そしてLINK EMOTIONが披露され終演となった。

PIGGS PHOTO GALLERY

おわりに

ということで、PIGSSのツアー「DEAR HUNTER TOUR」のファイナルを観た!という話であった。

今のPIGGSが一丸となって前に進むさまを目の当たりにするような、そんなライブだったと感じている。

つぎなるツアーもすでに楽しみである!

筆者

トリ

新曲も早く聴きたい!

 

いやはや、それにしてもPIGGS、おもしろいものである

筆者

トリ

応援するしかない!
チームPIGGSのTwitterをチェック!

メンバーのアカウント↓

プー・ルイ

CHIYO-P   

SHELLME

BAN-BAN

 KINCHAN

サウンドプロデューサーRyan.BことBRIAN SHINSEKAI氏↓

Ryan.B 

ビジュアルワーク担当のMETTY氏↓

METTY 

振り付けを担当しているカミヤサキ氏

カミヤサキ

参考 CHOREOGRAPHYSaki Kamiya

「I HATE PIGGS」や「アイドルなので」の放送作家石原氏↓

イッシーさん

PIGGS公式アカウント↓

PIGGS公式

参考 PIGGS MUSICYouTube PIGGSチャンネル

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さば酢(@yzu22.p)がシェアした投稿

Instagramにて、モノクロオンリーのPIGGSのライブで撮影した写真を掲載するアカウントも運営中である。よろしければ是非観てみていただきたい!

筆者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください