Lindemann「F&M」を聴くべし【メタルつまみ食い】

メタルつまみぐい LINDEMANN F&M おすすめアルバム

どんな記事か
この記事は「これからメタルを聴いてみようかしら」、という気概の方々に対して記したものである。

 

そんな方々へ、つまみ食い的にメタルを愛好する筆者が好きなアルバムを脈絡なく紹介させていただく。

 

フィーリング重視のゆるい紹介にはなるがメタルにあまり馴染みのない方々にとって、気軽な入り口となれば幸いである。

2019年11月22日、ドイツの世界的メタルバンドRAMMSTEINのフロントマン、ティル・リンデマンのユニットLindemannの2ndアルバムが発売された。

トリ

キタ!

ということでアルバムの紹介をしていきたい。

Lindemann F&Mは戯曲テーマの大作

Lindemannとは?

Lindemannは二人組のユニットである。

ドイツの世界的メタルバンドRAMMSTEINのフロントマンであるティル・リンデマンと、ペインやヒポクリシーで活動するスウェーデン人ミュージシャン、ピーター・テクレンの2人によるユニットとなっている。

トリ

音楽性はラムシュタイン寄りかも!?

ちなみにリリースに合わせて、ティルは以下のようにコメントしているそうな。

「俺たちにルールはない。ソフトな曲もハードな曲も書ける。すべてはエモーションだ。そして、リンデマンでも俺たちのそれぞれのバンドでもやったことがない、新しい何かをクリエイトしたかった」

参考 ティル・リンデマン(RAMMSTEIN)による“リンデマン”の新作がドイツ他のiTunesで1位獲得billbord JAPAN

確かにRAMMSTEINを想起させるようなハードなリフのメタルチューンも多いが、なかなか枠にとらわれない楽曲がアルバムに散りばめられている。

そしてその楽曲群が、ティルの圧倒的な歌唱のその魅力を多角的に見せつけてくれるのである。

トリ

ティルは良い声すぎ

F&Mは全ドイツ語詞でのリリース

前作にてまさかの全英語詞により、パラレルワールドなRAMMSTEINを感じさせる構成で臨んだLindemannだったが、本作ではRAMMSTEIN同様、全ドイツ語詞での発表となっている。

トリ

ふむふむ

ちなみにこのF&Mは、ティルとハンブルグにあるタリア劇場とのコラボレーション作品だとのこと。

グリム兄弟の童話『ヘンゼル&グレーテル』を現代風に解釈した戯曲からインスパイアされているという。

恐怖・貧困・裕福・カニバリズム・死などがテーマになっている今作には、同戯曲からの5曲と新たに制作された6曲が収録された構成になっている(筆者の検索能力ではどの曲が戯曲のものかイマイチ判然としていないのであった)。

トリ

(いやがんばれよ)

ちなみにその戯曲のトレイラーも見受けられる。

トリ

なんか不気味だぞ! ティルも出てる!

Lindemann F&Mの収録曲

  1. シュテー アオフ / Steh auf
  2. イヒ ヴァイス エス ニヒト / Ich weiß es nicht
  3. アレスフレサー / Allesfresser
  4. ブルート / Blut
  5. クネーベル / Knebel
  6. フラオ ウント マン / Frau & Mann
  7. アハ ゾー ゲルン / Ach so gern
  8. シュラーフ アイン / Schlaf ein
  9. グミ / Gummi
  10. プラッツ アインス / Platz Eins
  11. ヴェーア ヴァイス ダス ショーン / Wer weiß das schon
  12. マテマティーク / Mathematik (スペシャル・エディション・ボーナス・トラック)
  13. アハ ゾー ゲルン(ピアノ・ヴァージョン) / Ach so gern (Pain Version)(スペシャル・エディション・ボーナス・トラック)

トリ

ドイツ語じゃよくわからん

以下、邦題とあわせて曲のなかみを簡単に紹介していきたい。

シュテー アオフ / Steh auf 起きろよ

先行してMVが公開されていたリード曲。非常にアグレッシブな曲調でRAMMSTEINファンも惹きつけられるのではなかろうか。

トリ

サビでタイトル叫ぶあの感じ!

MVも毎度のことながらハイクオリティでビビる。

イヒ ヴァイス エス ニヒト / Ich weiß es nicht 分からない

邦題の通り、なにもわからない、けど何かを探して走り続ける、それがなにかもわからんけど、という五里霧中な焦燥感溢れる歌。

こちらのMVはなにやらGenerative Adversarial Networks (GANs)なるAIにて生成された、どこか不安定になる不気味さを持った仕上がりである。

アレスフレサー / Allesfresser 雑食

何でも食うよ、餌くれよ、でも若いのだけ!という歌。

トリ

なんのこっちゃ! っていうかやっぱ不謹慎感溢れまくり!

ブルート / Blut 血

血の歌。

静かな立ち上がりを見せる。サビもタイトルを絞り出すように一言発し、そして印象的なフレーズが後を追う。

クネーベル / Knebel さるぐつわ

アコースティックギターオンリーで半分以上奏でられる猿轡の歌。

トリ

なにそれ

最後に爆発するかのようにヘヴィな展開になるのも面白い。

フラオ ウント マン / Frau & Mann 女と男

表題曲ということになるだろう。

あらゆる対になるものを歌った歌になっている。

そしてそれらはひかれ合うのである。

アハ ゾー ゲルン / Ach so gern ああ、こんなに好きだった

リビドーの海の底だぜ!という歌。

2020/1/13追記

1/12より、公式からワンショットなMVもリリースされた。

シュラーフ アイン / Schlaf ein おやすみ

おやすみソング。

美しくも不穏な曲である。眠りおじさんが子どもたちの眠りを誘引する。

グミ / Gummi ゴム

ラバーフェティシズム讃歌。

プラッツ アインス / Platz Eins ナンバーワン

俺がナンバーワン!という歌。

ヴェーア ヴァイス ダス ショーン / Wer weiß das schon そんなの知るかよ

邦題はやけっぱちな感じだが、なんとも美しい曲である。

そして詞は後ろ暗い趣に満ちている。

ティルの優しげな非常に歌声がすばらしい。

マテマティーク / Mathematik 数学

数学とかマジファッ○、な歌。

トリ

説明雑!

おわりに

ということでLindemann待望の2ndアルバム「F&M」の紹介であった。

相変わらずの不謹慎な世界観、そして激しい曲の数々はやはり非常に危険な魅力に満ちていた。

Rammsteinとは少し異なる世界線でのティルの歌声を是非堪能していただきたいばかりである。

 

いやはや、それにしてもLindemann、良すぎる。

トリ

聴いてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください