衣替えしつつPIGGSのMVを観る【日記】

寒い。

トリ

なんか急に寒いよね

洗濯したら洗濯機からエアリズムのタンクトップとヒートテック極暖のロンTが一緒に出てきた。

最近の急激な寒暖差とワクチン2回目の副反応が相まってそんな事態になったわけだ。

寒気で思わずヒートテックを着てしまった

筆者

服は重要であるとしみじみと感じ入る今日このごろ、PIGGSが新曲を公開した。

トリ

何の話!?

服は重要だが、人は裸で生まれ、裸で死ぬのである。

トリ

何の話!?

寒かった日の日記である。

PIGGSの新曲「NAKED BORN NAKED DIE」が公開された

不意打ちライブには行けず

2021年の9月2日にPIGGSがライブを開催した。

参考 撮影禁止!本日PIGGSの不意打ちライブ「NAKED BORN NAKED DIE」開催決定音楽ナタリー

残念ながら筆者は観に行くことができなかったライブである。

遡ること8月18日、公式ツイートによりライブの存在がすでにほのめかされていた。

「BE A WITNESS TO FIRST STAGE OF OUR NEW FAMILY 20210902 SHIBUYA

2021年9月2日渋谷にて、新たなファミリーの最初の目撃者になるべし

で、筆者はといえばその日会社を休むことにしていた。

しかし、それはその前日にワクチンを接種する予定だったからである。

接種後、「ピンピンしてたら行っちゃおうかな!」などと思っていたりもしたが、抽選開始のアナウンスがあった時間には「絶対無理…」と思わずにいれないほどに完膚なきまでにダウンしていたのであった。

ということで家でおとなしくしていた(せざるを得なかった)。

こちらもチェック!

そしてMVを堪能する NAKED BORN NAKED DIE

翌日、新曲のMVが公開された。

たまらん。何回観てもラストでグッと来るんだが

筆者

トリ

今回も映像は元さんディレクション!

映像は2021年9月2日にゲリラ的に実施されたライブ「NAKED BORN NAKED DIE」のものを使用している。

今回も「VISITOR」同様に「マイク視点」とでも言うべきおもしろ撮影方法だ。

トリ

この手法、なんというかPIGGSの雰囲気とかスピード感(ライブ後即映像化したり)とかマッチしてていいよね

映像の冒頭、社長のカメラがズレていてご尊顔が拝見できないトラブルがあったが、百戦錬磨ゆえか、難なくリカバーしているのも流石である。

 

さて、チリチリとしたハイハットとギターフレーズにて幕開けるNAKED BORN NAKED DIE。

バックステージにて、豚マスクで顔を覆った新メンバーが映る。

豚のマスク越しではあるが、緊張感が伝わる表情だ。

そしてステージへとあがるメンバー達。

トリ

「よっ!」ってイイね。シェルさんかな?

その声を合図にブリっとしたベース、そしてオルガンの音で厚みを増すアンサンブルにすでに高まる。

イントロからワクワクするぞ

筆者

そしてギターフレーズをなぞる「なーなななーなな」。

これまたライブでは声を上げたくなるようなフレーズである。

いつか来る声があげられるライブを夢想せずにはいられない。

 

新メンバーの声は、まず最初のBメロで聞くことができる。

その声について、どのメンバーとも異なる声質である。

輪郭が淡くにじむような、そんな響きがあるように感じた。

そしてその声には芯を感じさせる艶のようなものも伴っておりみりょくてきでもあった(今後聴きまくって確認していきたい)。

PIGGSに新たな声のキャラクターが加わったのは確か。楽しみすぎる!

筆者

 

曲のクライマックスは落ちサビからのラストのサビへの展開だろう。

BAN-BANが声をあげ、プー・ルイへと繋がるそのキメの部分は爆発的に盛り上がる。

イントロからの盛り上がりはこの最高潮に至るためだったと感じさせるかっこよさである。

最後はベースが動き回り「Naked Born Naked Die それがLife」のフレーズが繰り返される。

マスクを剥ぎ取って投げ捨てる新メンバーの佇まいとともに映像は終了。

光と題字(おそらくMETTY氏による)によってその顔はほとんど見えない。

しかしそのカッコよさから、彼女がこれからPIGGSとして生きていく決意のようなものが感じられた。

この演出に見るたびにグッと来ているのであった。

トリ

ってかマスクの投げ方まじかっこよかったんですけど!
うむ。キレイに飛んでいった

筆者

おわりに

ということで、そろそろ衣替えじゃん!もといPIGGSの新MVが素晴らしい!という日記である。

早く新メンバーのことが知りたいしもっと歌を聴いてみたいという思いが募るばかり。

これも敏腕プロデューサーの為せる技だろう。

不意打ちライブに馳せ参じたファンだけには少しだけ先に顔を観て記憶に留められる、それでいてMVもすぐ公開してくれる(VISITORのときもだがまじで早い)、っていうバランス感覚が素晴らしいと思うのであった。

 

書き忘れていたが歌詞も素晴らしいので是非味わうべき一曲である。

 

いやはや、PIGGS、ますます目が離せない!

筆者

トリ

新曲聴こう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください