好きなものが微妙にリンクすると微妙に嬉しい【日記】

先日(2021年8月4日)PIGGSを観るために、NEO JAPONISM主催のイベント「KASSEN -合戦-」に行ってきた。

NEO JAPONISM主催 KASSEN -合戦-のPIGGS対バンを観てきた!ライブレポート【ライブレポート】KASSEN -合戦- @TSUTAYA O-WESTでPIGGSを観た!

とはいえ、NEO JAPONISMもじつはかなり楽しみにしていたのだ。

 

さて、そんな状態で会場へ向かう道中、人間椅子の新譜「苦楽」を聴きながら、ベースの鈴木さんの単独インタビューを読んでいた。

その記事の中で、インタビュアーがNEO JAPONISMの名前を出したものだから、妙にシンクロニシティを感じたのだ。

という日の日記である。

トリ

前置き長いな

ネオジャポの滝沢ひなのさんが胎教で人間椅子を聴いていたそうな

とのことである。

トリ

まじかよ!

詳しくはこちらの記事をチェックされたし↓

参考 INTERVIEW-鈴木研一(人間椅子)BASS MAGAZINE

圧倒的な歌唱を発揮している滝沢さんだが、どうやら両親も音楽を愛好しているそうな。

その影響で人間椅子を幼少期、というかそれ以前から嗜んでいたようである。

羨ましい…!

筆者

NEO JAPONISM滝沢ひなのさんが人間椅子を胎教で聴いていたそうな。

撮影可だったこの日のライブにて撮影したNEO JAPONISMの滝沢さん。カッコいいのだ。

筆者がNEO JAPONISMを知ったのは今年の3月であった

これまたPIGGSを観に行ったのがきっかけであった。

同じイベントに出演していたNEO JAPONISMを観ることになり、そこで初見ながら気になったのだ。

20210313_PIGGS IDORISE!! FESTIVAL 2021 DAY1 TSUTAYA O-EAST【ライブレポート】「IDORISE!! FESTIVAL 2021 DAY1」でPIGGSを観た!【写真あり】

それ以降、その歌唱力の高さやダンスのキレ、そして激しい曲調と気になる要素がてんこ盛りだったためNEO JAPONISMのYouTubeチャンネルで観ることができるオンラインライブ(通称 #家ジャポニズム)のアーカイブを軒並み視聴してしまった。

トリ

ハマってんじゃん
かっこいいのだ

筆者

 

少し調べてみれば(Wikipediaを観ただけだが…)どうやらNEO JAPONISMのサウンドプロデューサーは、WACKのサウンドプロデューサーでお馴染みの松隈氏の系譜の方らしく、そう言われると確かに音の雰囲気に近いものを感じる気もしなくもない(とりあえずかっこいい)。

ちなみにある曲の振り付けには初期BiSのnerveのようなエビゾリが取り入れられていたりもする。

そんなわけで、なんとなくPIGGSとは親戚のご近所さん的なグループに思えてきた次第である。

トリ

ふーん

まぁとにかく気になっている、という話である。

KASSENにて、2グループのライブを同時に観られる機会を得た

そんな矢先にネオジャポ主催のライブイベント「KASSEN」にPIGGSが出演することが決まった。

思わず開催日が平日なのにチケットを確保したのであった(平日ゆえ仕事は休んだ)。

そして冒頭の話に戻る。

開場後の開演待ちである。

ライブ会場にて人間椅子鈴木氏の単独インタビューを読み、滝沢さんが人間椅子聴いてるという事実を知ることとなる。

なにやら開演前にひっそりとテンションがあがった筆者なのであった。

そんな謎のシンクロニシティにより、NEO JAPONISMの音源が欲しくなっている今日この頃。

取り敢えずSpotifyや家ジャポで聴いたりしている。

余談だがNEO JAPONISMのメンバーがみなかわいい

ということでむやみにライブ写真を貼ってこの日記を終えたい。

メンバーは5名。手前が朝倉さん。小柄ながら存在感のあるパフォーマンスである。

瀬戸さん。インパクト絶大な飛び道具ボイスがたまらん。

辰巳さん。伸びやかな声が素晴らしい。そしてダンスのキレがとてつもない。

福田さん。声もビジュアルもかなり強い。ライブ中の笑顔がかなり良い。ちなみにゲーム実況なんかもされている模様。

そして滝沢さん。研ぎ澄まされた声と佇まいがまじでかっこいいのでライブパフォーマンスを観るべし!

おわりに

ライブの帰り道に電車でこの日記を書いているときにTwitterをチラ見したところ、滝沢さんが件の記事の存在をキャッチしたらしく、ツイートされていた。

ここで引用させていただきたい。

トリ

え!アニキのドラムスティック!! ってか誕生日めでた!
うらやましすぎる…余談だが筆者は鈴木さんのピックを拾ったことがあるぞ!

筆者

トリ

張り合いなさんな

そんなわけで誕生日おめでとうございます。

 

いやはや、それにしても滝沢さんには是非先日発売したばかりの人間椅子の新譜「苦楽」をご家族で堪能していただきたいものである。

トリ

うむ…!
人間椅子「苦楽」アルバムレビュー【人間椅子を聴くべし】「苦楽」【22枚目のオリジナルアルバム】

そんな感じで日記終了。

 

余談だがIDOL AND READ 27号にて、滝沢さんの人間椅子胎教の話が語られているらしい(気になる)

筆者

そして人間椅子の新譜「苦楽」もまた最高なのでおすすめしたい

筆者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください