【WACK】CARRY LOOSE 1stシングル「にんげん」【音源紹介】

WACK CARRY LOOSEのにんげんを聴くべし

この記事は

このシリーズでは在宅WACK SLAVEな筆者がBiSHBiSGANG PARADEEMPiRE、CARRY LOOSE、豆柴の大群を擁する音楽プロダクションWACKの音源を紹介する。

曲はもちろん、背景などにも触れつつ紹介していきたい。

ロックでエモーショナルな曲の数々をひもときつつ、これからWACKの音楽に触れる方の少しの助けになれば幸いである。

2020年2月11日にCARRY LOOSEが1stシングルを発売した。

トリ

お!

CARRY LOOSE初のシングルなわけだが、これまたWACKの魅力が詰まった曲たちとなっていた。

ということで紹介していきたい。

【WACK】CARRY LOOSE 1stシングル「にんげん」

CARRY LOOSEとは?

CARRY LOOSE are

パン・ルナリーフィ

YUiNA EMPiRE

ウルウ・ル

ユメカ・ナウカナ?

CARRY LOOSEはWACK所属のグループ「BiS」の第2期(〜2019/05)に所属していたパン・ルナリーフィYUiNA EMPiRE、そしてWACKの育成プロジェクトWAggから昇格したウルウ・ル、オーディションにて合格したアイドル経験者のユメカ・ナウカナ?の4人からなるユニット。

カウパーボイスでおなじみのパン、キュートすぎる声を持ったYUiNA、WACK内でも特異な低くしなやかなトーンのウルウ・ル、ストレートで伸びやかなクソデカボイスのユメカと魅力的な声を持った4人組なのである。

トリ

みんな声のキャラたってていいぞ!

全体的なコンセプトは“カッコよくてエモい”とのこと。

トリ

最近はエモさとか優しい場を表現していくというのがCARRY LOOSEのアイデンティティだと思うようになったらしいね

CARRY LOOSE 1stシングル「にんげん」は2曲入り

CARRY LOOSE にんげん

2020年2月11日(火・祝)発売
T-Palette Records

  1. にんげん
  2. 23:59
  3. にんげん (inst)
  4. 23:59 (inst)

「にんげん」はMVも公開されているので要チェック

トリ

いい曲! そして唐突な謎のCG…!

序盤のスタイリッシュな雰囲気から謎CGと予想だにしない演出である。

トリ

なんか飛び交ってるし

作詞はJxSxK

さて、作詞はJxSxKことWACKの社長である渡辺氏である。

トリ

これまたグループへのエールも込められてそうな感じだな…!

ウル以外はかつてグループの解散を経験したメンバーである。

特に2期BiSの二人には刺さるものがあるのではなかろうか、そんなことを筆者などは勝手に感じたりもする。

トリ

まだまだやることがありそうだ!

カップリング「23:59」も超絶要チェック曲【ウルウ・ル作詞】

カップリング曲として収録されている「23:59」もこれまた聴き応えありな曲であり要チェックと言える。

トリ

ウルちゃん作詞!

メンバーからも絶賛の声が上がっている詞も是非味わうべきだろう。

「明日への絶望を解く」という想いが込められているという。

作曲は井口イチロウ氏。

トリ

これまたエモい!

筆者はウルの声が急角度で高音に行く際のしなやかな響き方が大変好きである。

ちなみにSound cloudにて無料公開されている。

参考 CARRY LOOSE、ウルウ・ル作詞の新曲「23:59」無料公開音楽ナタリー

合わせて読みたいインタビュー

OKMusic

本格化した活動とその中での気持ちの変化などが語られている。

そしてにんげん収録の2曲についてもメンバーからいろいろと語られる。

参考 【CARRY LOOSE インタビュー】<br /> 私たちの表現するべきものはエモとかやさしいオーラみたいなことOKMusic

SKREAM!

ライブを通しての変化と成長が語られるインタビュー。更には今後の目標にも触れている。

参考 CARRY LOOSEは詞を届けたい という共通認識が固まってきたSKREAM!

おわりに

ということでCARRY LOOSEの1stアルバム「にんげん」の収録曲がイイ!という話であった。

トリ

イイ!

4人の個性を感じつつ是非何回も聴くべきだろう。

 

いやはや、それにしてもCARRY LOOSE、今後も楽しみすぎる。

トリ

みんなで聴こう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください