おしゃれなお菓子をもらった【TULIP ROSE】

この10月にて異動することになった。

その折にお世話になった部署からわざわざ贈り物にお菓子を頂いてしまった。

移動先は同じ組織の他部署、ということでそこまで劇的な異動ではない。

若干大げさながら大変ありがたいものである。

で、そのお菓子を食べた、という話である。

なにやらシャレオツなお菓子だったぞ

筆者

TOKYO TULIP ROSEのTULIP ROSEを食べた

こんなお菓子

ということでこのようなお菓子をもらった。

金井理仁氏というパティシエのお菓子だそうだ。

なにやら筆者と非常に近い年代である。

すごー

筆者

味は3種類+季節メニュー。

ベリー、パッションマンゴー、キャラメルナッツがレギュラーラインナップとなっているようだ。

執筆時点(2021年9月)ではモンブラン味が季節メニューとなっていた。

参考 TOP PAGETOKYO TULIP ROSE

食べてみる

ベリー味を食べる。

やはり見た目がすごい(すごい)。

個包装を開けると一気に華やかな香りが広がる。

ラングドシャクッキーのチューリップ(外側)とホイップショコラで作られたローズ(内側)がまじで繊細でビビる。

ちなみにホイップショコラの間にはパイが入っているという手の込みようである。

1枚チューリップを剥がしてみる。

2枚剥がしてみたらパイが露出する。

食べてみれば華やかな香りがさらに鼻孔をくすぐる。

ラングドシャクッキーのサクサク感とホイップショコラの口溶けがなんとも口福である。

味も繊細でかつ上品過ぎてこれまたビビるばかりであった。

うまいぞ!(雑)

筆者

こういうところで買えるらしい

執筆時点(2021年9月)5箇所で買えるそうな。

参考 店舗一覧grapestone

おわりに

ということでTULIP ROSEを食べた!という話である。

いやはや美味しかった。

普通に生活していたら存在に気づくこともなさそうなシャレオツお菓子に、不意に触れることになってなんだかハッとしたほどである。

2個入りからラインナップされているそうなので、非常にフレキシブルに選べるため、贈り物に大変おすすめと言える。

いやはや、おしゃれなお菓子、たまに食べるといいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください