【哀愁のワジマシーン】和嶋氏、テントを設営する【人間椅子】

哀愁のワジマシーンがほのぼのレア映像でおすすめ

2020年3月7日、人間椅子のギタリスト・和嶋氏の孤高の野営が垣間見える至高のYouTubeチャンネル「哀愁のワジマシーン」にて和嶋氏の哀愁テント設営の様子が公開された!

トリ

まじで!?

ということで人間椅子ファンはもちろん、人間椅子を最近知った方で和嶋氏の営みを知りたい方は要チェックと言える。

トリ

要チェック!

和嶋氏、テントを設営する@千葉・実谷オートキャンプ場

野営場所をチェック! 今回は千葉・実谷オートキャンプ場

トリ

結構行きにくそう!(適当)

2月中旬、和嶋氏はテントを設営すべくアルトを繰る

今回はいきなりワジカメで始まる。

トリ

車内じゃん!

どうやら和嶋氏の哀車・SUZUKIのアルトの運転席から撮影された映像である。

おそらく胸元にぶら下げたような形のカメラであろう。どちらかというと「車内」というよりは「ハンドル」にスポットをあてた映像である。

トリ

あんま風景は見えないね

今回は寒すぎる、ということでバイクではなく車を選択した模様。

さて、主にハンドル映像ではあるのだが、和嶋氏がスマホをナビとして利用している様子もまた映像として残っているわけである。

そんな氏だが、野営連載においてはおせっかいなナビを忌避しているとのことであり、設定は「高倉健並に寡黙」、とのこと。今回の映像にはそんな設定になっているであろうナビが案内をしている様も残されている貴重映像と言える(?)。

トリ

まぁ和嶋さん、なんだかんだ道に迷っちゃうことあったみたいだしね(詳しくはヘドバンの連載を読もう!)

とりあえず、ナビとはうまく折り合いをつけて野営を楽しんでいるようであり、むやみに安堵する筆者であった。

トリ

う、うん(どんな視点だし)

そんなこんなでキャンプ場へ到着する和嶋氏であった。

和嶋氏、いよいよテントを設営する

さて、ここで和嶋氏が設営すべくテント予定地と車を往復する回数が記録されていく。

そしてところどころ早送りでその様子が定点で観察される。

トリ

なんか奥の方でチョロチョロあるいている黒い動物が気になるよ

その動物の正体はいまいち判然としないわけだが、そんなことは一切お構いなく和嶋氏の設営は進むのである。

順調に進み、カラスの鳴き声とともに一定のリズムでペグ打ちをする和嶋氏。

トリ

和嶋さんとセッションしたトリとか羨ましすぎるだろ(謎)

そして着実に往復数を高めていく和嶋氏、いささか遠かったのではと思わなくもないがいよいよ回数は8往復へと到達する。

更に薪調達をしていよいよ椅子を設置。

ついにアイコスにたどり着くのであった。

トリ

タバコ吸う和嶋さんの「一息ついてる感」がすごいな

休息感がすごい。

そんなこんなで和嶋氏の設営の様子をしかと見届けられる素晴らしい回なのであった。

トリ

興味深すぎだろ

ということで映像をみるべし

それにしても一服する和嶋氏、ぽつねんとしながらも非常に絵になる。

トリ

わざわざ遠くまで出向いていろいろ頑張って一服する。でもなんだか羨ましさもあるよね。野営ってなにやら不思議な活動だよなー

おわりに

さて、和嶋氏のYouTubeチャンネル哀愁のワジマシーン「テント設営」回が公開された、という話であった。

トリ

参考になるかも!?

 

いはやは、それにしても哀愁のワジマシーン、たまらない映像である。

トリ

次回も楽しみ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください