【MTG】プレリリースイベントに行ってきた【ゼンディカーの夜明け】

MTGゼンディカーの夜明けプレリリースイベントの感想

マジック・ザ・ギャザリング(MTG)の新セット「ゼンディカーの夜明け」が2020年9月25日に発売する。

それに先駆けてプレイできるイベント「プレリリース」が9月18〜24日にかけて開催されている。

トリ

プレリ楽しい!

筆者は9月20日に近所のショップにて参加してきたので、組んでみたデッキや引き当てたカードなんかを紹介したい。

【ゼンディカーの夜明け】プレリリースイベントに行ってきた

パッケージとか

今回のプレリキットのケースはこんな感じ。

お馴染みの指南書。

裏面には何やら設定的なものが書かれていた。

スカイクレイブの遺跡探索に必要な道具とのことである(背景世界あんまわかってない勢)

筆者

MTGアリーナでパックがもらえるコードが記載されたカードも封入されているので見逃さないように注意されたし。

引き当てたレアはこんな感じ

まずは引き当てたレアを紹介してみる。

鏡映魔道士、ジェイスの拡張が出たの嬉しい

筆者

コピートークンもジェイス仕様。それにしてもワルそうな顔である。ついでにイクサラン以降ムキムキ気味なジェイスなのであった。

トリ

プレリのプレインズウォーカーはとりあえず強そう

そんなわけで青を軸にしたいなぁ、といったところで構築である。

デッキを組んでみた【2-1した】

こんな感じ。

ジェイスにも噛み合うし、と言うことで青緑のキッカーデッキになった

筆者

ドレイクの安息地をはじめとして、キッカースペルがたくさんあったためこんな感じに落ち着いた。

そして結果は2-1である。

トリ

まぁまぁじゃん

負けたゲームに関しては、強い装備品であるスカイクレイブの大槌で3ターン目に殴り始めるムーブを2ゲーム連続でやられてしまった。

まいったね

筆者

トリ

あの装備品強いよね

と言うことで特に参考にはならないがデッキの中身を紹介しておきたい。

キッカーシナジーなカード。

キッカーを唱えると5/5になる目覚めし激浪もいい感じだった

筆者

おまけ的に+1/+1カウンターのシナジーもやんわり採用。

両面カードも使ってみた。

今環境では自分の土地を手札に戻せる(場合によっては強制で戻す)カードもある。

最初デメリットなのかと思ったけど今回はそう言うわけではないみたい

筆者

上陸回数の確保はもちろん、両面カードを土地で出しておいて中盤以降手札に戻して唱える、と言うことも可能になる。

トリ

今までにない感じのプレイ感かもね
そんなところも含めて、新環境のプレリは楽しいのだ

筆者

基本土地とかショーケースとか

ゼンディカー次元といえばフルアートの基本土地が魅力の一つといっても過言ではない。

今回も非常に良い。

引けた基本土地。綺麗な土地ばかり!

引き当てた中ではこの山が特に良い。鮮烈なコントラストがたまらん。

上陸カードがショーケース版で出てくることがある。

この牛がかなりいい感じなのである。

フルアートの基本土地とかショーケース版カードは見た目も楽しめて、筆者としてはかなり好きな要素である。

トリ

楽しみが多いのはいいことだよね!

戦利品のパックを開封した

完全に余談だが、2勝したらドラフト・ブースターが2パックもらえた。

ちなみに参加賞はセット・ブースターが1パックだったが、入荷が遅れており引換券をもらう形だった(楽しみ)

筆者

と言うことでもらった2パックを開けてみた。

出たレア・アンコモンはこんな感じ。

神話レア団結の標、タズリのFoilが出てきた。

うん。

筆者

トリ

おう。

おわりに

ということでMTGの新セット・ゼンディカーの夜明けのプレリに参加してきた、という話である。

やはり新しいパックを開封して対戦できるというのは楽しいものである。

トリ

新カードでわいわいするの良いよね

そんなわけで次のプレリも是非参加したいところである。

 

いやはや、それにしてもプレリ、面白いものである。

トリ

みんなで行こう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください