【MTG】グランプリとは?内容と雰囲気について初心者向けに紹介【マジックフェスト】

MTGグランプリ紹介記事アイキャッチ

注意

20190720追記

現在(2019年7月時点)イベント全体の名称が「グランプリ」から「マジックフェスト」に変わり、いわゆる本戦が「グランプリ」という競技を指している。

紛らわしいが、以下記事は当時(名称変更前)の記事なので留意していただきたい。

つまりイベント全体を紹介する記事になる。

トリ

イベントの内容自体はほとんど変わってないぞ!
この記事はMTG(マジック:ザ・ギャザリング)に関する記事である。

「グランプリって何?」、「どんな感じなの?」という方を対象とした、グランプリの紹介記事となる。

始めたばかり、あるいは復帰したて方の一助となれば幸いである。

かくいう筆者も2018年の7月に始めてグランプリへ行った復帰勢である。非常に楽しいイベントだったため、是非その魅力が伝わればと思う。写真も取っていたので合わせて紹介したい。

トリ

GP楽しそう!

【MTG】グランプリとは?内容と雰囲気を紹介

グランプリとは、マジック:ザ・ギャザリングのプレミアイベントの一つである。

MEMO

プレミアイベントとはマジックを製作しているウィザーズ・オブ・ザ・コースト社主催のイベントである。競技志向のイベントが多い。

プレミアイベントの一例

  • 世界選手権
  • ワールド・マジック・カップ
  • プロツアー
  • グランプリ

グランプリの概要

世界各国で順次開催されている。日本でも年に4回ほど開催される。

基本的に期間は3日間である。

本戦と呼ばれるメインの競技大会に加え、多くのサイドイベントが開催される。

対戦以外にもバイヤーブースカードやグッズを購入したり、さらにカードイラストを描いているアーティストのサイン会のような催しもある。

本戦に出場しなくともマジックファンなら非常に楽しめるイベントなのである。

トリ

お祭りだな!

本戦

2日目、3日目に行われるメインの競技大会である。本戦参加者は最大で2000人を超えることもあるという。

フォーマットは毎回異なる

スタンダードモダンレガシーリミテッド、さらにはチーム構築チームリミテッドもありうる。

上位入賞者は賞金、プロポイントが獲得できる。

原則として誰でも出場できる。

筆者のような初心者も出場可能である。

トリ

トッププロも普通にいるんだな

サイドイベント

多様なフォーマットで大会が開催される。

部族モダンやブロールのようなカジュアルなものからプロツアー予選や日本選手権のようなガチなものまで様々である。

本戦前日には、本戦での不戦勝の権利が得られるものもある。

トリ

本戦のフォーマットをやっていなくてもお祭りに参加できる!
こちらもチェック!

参加賞はプロモカード

本戦、およびガチ目なサイドイベント(プロツアー予選や日本選手権など)に出場すると豪華なプロモカードがもらえる。

またベーシックイベントと分類されるサイドイベントに出場すると基本土地のプロモカードがもらえる。

どちらもFoil仕様である。

2018年MTGGPプロモカード変わり谷

2018年開催のグランプリでもらえるプロモカードは<変わり谷>である。豪華。

MTGGP土地プロモ2018

土地プロモカード。これまた綺麗で良いものである。

トリ

プロモは心躍るものがあるよね

アーティストサイン会

数名のアーティストが来場し、カードやプレイマットにサインを入れてもらえるイベントである。

マジック歴の長い友人に聞くところによると中々奥深いイベントらしく、アーティストサイン会にのみ全精力を費やす猛者もいらっしゃるそうな。

トリ

マジックのイラストは良いの多い!

ショップブース

おなじみのショップが出店するブースも会場内に設営されている。

MTGのグランプリ会場のショップブース

構築用のカードが足りなくても調達できるかも? また掘り出し物が見つかるかもしれない。

トリ

お宝発掘できるかも!?

飲食ブース

松屋を始めとした飲食店のブースが出店。通常の店舗よりはやや割高であるが会場内で済ませられるので便利。

MTGのグランプリの飲食ブース

GP千葉2018の飲食ブース。ハンバーガーや焼きそば、フランクフルト、かき氷などが出店していた。

MTGのGP会場に出店する飲食ブースの松屋

おなじみの松屋。友人曰くよく出店しているそうな。牛めしが500円。安定してうまい。風が強かったので食べるときに容器など色々飛びそうになったりした。あと真夏だけに日差しがきつい(テント欲しかった)。

トリ

お祭り価格!

会場の雰囲気を写真で紹介(GP千葉2018@幕張メッセ)

筆者が初めてグランプリに参加した2018年7月の千葉会場(幕張メッセ)の様子を写真を交えて紹介したい。

MTGグランプリ会場の様子

イベント開始前、初日の朝イチの会場である。サイドイベントに出場すべく友人と来場。平日である(有給)。

MTGグランプリ会場の様子

2日目朝の様子。いよいよ本戦である。人が集まりつつある。かなりの人数が入りそうな椅子の数。

MTGグランプリのトロフィー

トロフィーが会場に入ってすぐの中央に据えられている!

MTGグランプリの会場の様子

会場の一角にあしらわれたプレインズウォーカーのタペストリー的なもの。

マローことマークローズウォーター氏の等身大っぽいパネル。

マローことマーク・ローズウォーター氏のパネル。この時の会場のいたるところにいた。ボタンを押すと色々喋る。

MTGグランプリ会場に現れたマローパネル

いろんなところにいる。トイレの前にもいる。公式サイトでしばしば公開されるプレイデザインに関する氏のコラムは非常に興味深いので是非ご一読していただきたい。

MTG25thの記念チロルチョコ

5色の25周年記念チョコが配布されていた。

MTG25周年のチロルチョコ

こんな感じ。

Howard Lyon氏よ死の影/Death Shadow

特設ステージもあり、トークショーやイベントが行われていた。写真は死の影のアーティスト・Howard Lyon氏を交えてのトークショー。みんなで「見ないで死の影を描いてみる」的なことをしていた。晴れる屋看板娘でおなじみのけーちん氏も登壇していた。

Nadine Grendelmeier氏のシャライコス

特設ステージになんかシャライ的な人がいる。

主催のBIG MAGICのツイートより

こういうことも行われていたりする。Nadine Grendelmeier氏が普通に会場を歩いていたりしたのでついつい凝視してしまった。

友人に至ってはいつの間にかツーショット写真を撮ってもらっていたりした。やや羨ましい。

確かに会場では、Nadin氏にお願いして撮ってもらっている人を結構見かけた次第である。

Nadin氏もまた快く応じていた。

トリ

やっぱGP楽しそうだな!

まとめ マジックの祭典を楽しむべし

グランプリは競技志向の人だけでなく全マジックファンが楽しめる最高のイベントである。

是非足を運んでみていただきたい。

 

いやはや、それにしてもグランプリ、面白いものである。

トリ

みんなで行こう!
参考 グランプリマジック:ザ・ギャザリング日本公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください