【MTG】Seb Mckinnon氏のアートが良い【アーティスト紹介】

Seb Mckinnonのアートを紹介【MTGアーティスト】

ここ最近のセットで存在感のあるアートがちらほらと見られるので、よくよく見てみると同一のアーティストのアートであることに気づいた。

そのアーティストはセブ・マッキノン/Seb McKinnon氏と言うアーティストである。

トリ

ほほう! どんなカード描いてるの?

とりあえず現在(2019/08)のスタンダードのカードで言うとここら辺である。

トリ

なんかすごい味ある!

この味にじわじわとやられた筆者はSeb Mckinnon氏について知りたくなった次第である。

トリ

ふむふむ!

Seb Mckinnon氏の魅力に迫りたい

Seb Mckinnon氏の来歴など

Mckinnon氏のサイトによると下記のようにイラストから映像、音楽まで作っているアーティストのようである。

Seb Mckinnon氏はフリーランスのイラストレーター、コンセプトアーティスト、そしてフィルム・映像制作も行なっている。

Five Knights Productionなる制作会社も経営しており、ビジュアルコンテンツに特化した会社である。

サイドワークとして、CLANNと言う名義で音楽の制作も行なっている。

トリ

多彩!
参考 contact/aboutSeb Mckinnon

Wikipedia(英語)情報によると、氏はカナダ出身である。

2012年にウィザーズ・オブ・ザ・コーストよりマジックの基本セット2013のイラストについて話があり、現在に至るまで80余りのイラストを担当しているそうな。

トリ

結構たくさん描いてるんだな!
参考 Seb McKinnonWikipedia

Seb Mckinnon氏はエルドレインの王権のキーアートも担当! キーアートができるまで

エルドレインの王権のキーアートby Seb Mckinnon

この素晴らしいアートもSeb Mckinnon氏が担当されている!

トリ

このアートまじ好き

こちらは2019年の秋発売予定の新セット「エルドレインの王権」のキーアートである。

童話をモチーフにした世界観を示す、非常に魅力的なアートと言えよう。

トリ

プレインズウォーカーマークがオシャレすぎ!

なにやら本人のツイートにて、このアートができるまでの過程が紐解かれていた。

翻訳しつつ見ていきたい。

トリ

興味深い!
注意
訳はかなりあやふやなので元のツイートをご確認いただくのが最善だろう!

トリ

でた言い訳!

やむなし!

STEP.1
最初にあった要求(1/8)

エルドレインのキーアートについて

ダークフェアリーテイルがコンセプトである。

求められたことは次の1点であった。

  • 中央に、プレインズウォーカーロゴのような噛んだ跡のある赤いリンゴ。

これはなかなか挑戦的な内容だろう…

STEP.2
最初のスケッチ(2/8)

これが最初に送られたスケッチである。

魔女?うむ。騎士?ふむ。暗い森?クール。妖精は王女の手から毒リンゴを回収する?OK。問題は、どうやってそこにプレインズウォーカーのロゴを入れるのか? リンゴの一口のように見せるにはどうすれば良いのか?

STEP.3
ADと協議し、試行錯誤する(3/8)

私はリンゴに関する懸念についてADのMatt Cavottaに連絡し、お互いに簡単なリンゴのモックアップを送り、それを機能させようとした。

私はこの時点でそれに良い感触を感じていなかったので、別の解決策を考えてみたのである…

STEP.4
噛み傷の替わりに毒を滴らせてみる(4/8)

かみ傷の代わりに、リンゴがロゴのような形の毒を滴下したらどうだろうか。

最初は大丈夫なアイデアのように見えたが、最終的にはマットと私はどちらも機能していないように感じた。

私はマットに尋ねた:この作品の焦点はリンゴである必要がありますか? 助かることに、彼はノーと言った。

STEP.5
ふりだしへ戻る(5/8)

チャレンジを放棄したくなかったので、数日間それを続けた。

最終的に、私はマットに手紙を書いて、このリンゴで私が完全に信じていたスケッチを作成できないことを彼に知らせたので、私はすべてを破棄し、ゼロから始めた。

STEP.6
新たなスケッチ(6/8)

私はエルドレインの王権のアートガイドを読み直し、そこにこの新しいスケッチを提案するきっかけとなった内容を見つけた。

マットはこの解決策を気に入ったが、右側の赤い果実が気を散らすため制御下に置いておくよう頼まれた。そしてロゴ部の赤と手のリンゴも取り除くことに。

(訳注:訳がよくわからん)

STEP.7
調整した(7/8)

レンダリングと完成には多くの時間を費やした後、私はこれを最初のパスとして送った。

マットはロゴのシルエットが少し失われたことを指摘し、城のトーンを暖色に寄らせつつ城を遠ざけないようにするよう話があった。いいね!

(訳注:訳がよくわからん)

STEP.8
完成!(8/8)

ラスト。この過程を記したスレッドを楽しんでいただきたい。アーティストとADがどのように連携するか垣間見ることができるだろう。

マットに感謝する! 大変なチャレンジであり、楽しい時間であった。

いかがだっただろうか?

興味のある方はこちらから印刷できるのでご覧いただければと思う。

訳はともかく、キーアートの制作過程を垣間見れる素晴らしいスレッドである。

トリ

面白かった!

こんなカードもSeb Mckinnon氏が担当!

モダンホライゾンではここら辺のカードを担当

トリ

絶望の力はインパクトある!

魂寄せも圧倒的な不穏さで描かれておりたまらないものがある。

思考の流れなんかも非常に面白いイラストである。どうでも良いのだが筆者はフォイルカードを引き当てている。

またリミテッドではなかなか良さげな叶えられた祈りも美しいアートである。

トリ

ルーンの与え手もSebさんなのか!

ルーンの与え手大好きな筆者は俄かに好き度が上がってしまった。

また無声開拓地も急に4枚揃えるか!?などと思い始めた。

トリ

わからなくはない!

比較的最近発売されてるカード

   

ベルゼンロック典礼もなかなかインパクトがある。

トリ

トークンもSebさんだったような?

まだスタンに止まっているイクサラン界隈の吸血鬼も一部担当されている。

マスターズにもちらほら担当カードがあるが抜粋してここら辺を紹介しておく。

トリ

統率者のアミナトゥもSebさんか!

モダンでも見覚えあるカードたち

  

最強生物を作りたい魂剥ぎや、スピリットなんかで活躍中の無私の霊魂、親和にて使われるバネ葉の太鼓、色が合えば使われることが多い便利な暗殺者の戦利品、リビングエンドに入ったりするイフニルの魔神、そして正直あまり見ないがサリアっぽいペガサス・ヴリンの翼馬なんかも氏の仕事となる。

トリ

暗殺者の戦利品もか!

トロフィーこと暗殺者の戦利品もMckinnon氏であったのは意外だったが、よくよく見ればタッチはもろMckinnon氏であった。

 

いつ来日しても良いようにと気になるカードは徐々に集めておきたいところである!

MTGグランプリ・アーティストブースでサインをもらう【MTG】アーティストにサインをもらおう【グランプリ】

トリ

色々やってる人みたいだし多忙でなかなかこれなそう

そんな気はする。

おわりに

ということでSeb Mckinnon氏の紹介であった。

今後も氏のアートに要注目であろう。

ちなみに余談だが、氏は大層イケメンである。

参考 contact/aboutSeb Mckinnon

またTwitterでは氏の魅力的なアートの制作過程を垣間見れるツイートを数多くしている。

気になる方は要チェックである。

トリ

要チェック!

 

いやはや、MTGのアートは素晴らしいものである。

トリ

アートも楽しもう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください